» 未分類のブログ記事

変動金利定期預金の利点について

| 未分類 |

変動金利とは、適用金利が一定期間ごとに変更されることです。

 
預け入れた金利で満期まで継続される固定金利と比べ、金利が上昇傾向にある時は有利ですが、金利が低下傾向にある時は不利になります。
普通預金が増えてきますとどうされますでしょうか、この低金利の時代ですので、そのままにしておかれる方もいるかと思いますが、それでも多少なりとも利息が違いますので、定期預金に預け替えをします。

 
定期預金とは、預けてから一定期間引き出せない預金で、普通預金より金利が高くなっています。
預入期間も長くなると金利が高くなり、大口の預金になってきますと、又金利が高くなってきます。

 
最初に預けた金利が満期まで続く定期預金と、一定期間ごとに(通常は6ヶ月)見直す定期預金があります。

 
一定期間ごとに見直す定期預金のことを変動金利定期預金といいますが、この定期預金のメリットは何といっても金利が上昇すれば、固定金利の定期預金に比べ有利ですが、反対に金利が低下した場合は、固定金利の定期預金よりも不利になります。

 
実際にどちらが得か損かということは、変動金利の満期の3年を終えなければわかりませんが、現在のように金利が低金利のまま安定している状態では、スプレッド金利が上乗せをされている分だけ、変動金利が有利と考えれます。

貸付信託とは

| 未分類 |

貸付信託とは、信託銀行が投資家から集めた資金などを長期貸し付けで運用をするものを指します。貸し付けによって収益が発生しますが、この収益を元にして分配を行います。収益については、半年ごとなど、定期的に受け取ることのできるタイプと、満期にまとめて受け取ることのできるタイプとの2つがあります。

 
かつては投資信託などの金融商品があまりなかったために、これが主力の商品となっていました。しかし、現在のところは他にも魅力的なものがたくさん登場し、ニーズに合わなくなってきたために新規募集は行われていません。

 
リスクとしては信用リスクがあります。信託銀行が運用を行い、保証も行っていますから、もしも信託銀行が破綻した場合には損失を発生させることになります。ですから、発行している信託銀行の信用リスクが影響してきます。

 
償還についてですが、通常は1年間は解約することができません。そして、それ以降はいつでも解約することができますが、解約をする時点では割り引き手数料が差し引かれます。信託銀行の扱う商品ですから預金と同じように扱われ、預金保険制度の対象となっているという点は一般的な投資信託と大きく異なる点だと言えるでしょう。椅子と絵画と花

個人向け国債について(10年・変動金利型)

| 未分類 |

個人向け国債とは、国が発行する債券を個人が購入できる国債です。

 
利子や元本は責任を持って政府が行います。

 
購入額も1万円から購入する事ができ、毎月ごとに募集・発行が行われています。

 
固定3年・5年というタイプは、発行された時に決められた金利が満期まで変わりません。

 

椅子03
固定金利となっており3年・5年と保有する事ができます。

 
発行から1年経過すると換金する事が可能ですが、中途換金には各利子が差し引かれます。

 
変動金利10年のタイプは、半年事に利率が変化する変動金利となっています。

 
10年が満期となっています。1年間が過ぎると換金する事ができます。

 
金利の変動に伴って金利の利率が変わるので、その時々の経済の状況によっては、上ったり下がったりします。固定金利の場合は、実勢金利が上昇しても変化がありませんが、変動タイプは金利が上昇する事で受け取る利子が増える事になるのでお得です。

 
利子の支払いは、年に2回行われます。受け取る利子から課税されます。

 
最低金利保証がされている為に、市場金利が下がってしまった場合でも、最低利率よりも下げられる事が無いように保証されています。

 
国債は、安全に運用する事が出来る商品で、リスクも少なく運用する事ができます。

変動金利って何?

| 未分類 |

椅子02変動金利というのはそのままの意味であり、変動する金利のことです。

 

これに対する金利は固定金利です。固定金利は金利が変動せずに最初に決められた金利がずっと採用され続けます。

 

この2つの金利タイプはしっかりと意味合いを覚えておくことが大切です。

 

金融商品は本当にたくさんの種類がありますが、どの商品でも金利は考慮して借り先を選ぶものです。

 

この時に金利のタイプを考えなければならないことがあります。

 

例えば、代表的な例を挙げますと変動する金利タイプで大きなお金を借りる場合、最初に適用された利率よりも返済をしていく中で金利に変動があり、高い利率に変更されることがあります。

 

大きなお金を借りているときは返済をする期間が長くなるので、どうしても金利が変動しがちです。

 

利率が高くなると当然ながら利息は高くなるので返済の負担が大きくなり、返済することが難しくなるケースがあります。

 

逆に少額をすぐに返済できる場合などは金利が変動するまでに完済しやすいので、このタイプの金利を選択するほうがメリットになることがあります。

 

一般的には固定金利は無難であり、短期間で完済できる場合は変動する金利でもお金を借りやすくなると言われています。

定期預金の良さとは

| 未分類 |

「毎月決まった金額を残していきたい」そんな方にピッタリの商品が定期的に積み立てていくやり方があるのです。

 
銀行や郵便局で扱っている定期預金は、元本割れすることなくずっと預かっていてくれますから、自分が必要無いと思っていれば使わなくて済みますし、手元にないから「すぐにどうにかしたい」という気持ちも抑えることができるのです。

 
単純に毎月1万円余るお金があるならば、財布に入れておけば何かで支払をしたり、外食する費用として使ってしまうことがあります。

 
しかし、1万円を銀行や郵便局に決まった日に引き落としをされてしまえば「残っているお金だけでやりくりしていこう」と考えられるのです。

 
手元に現金がないから定期には自然とお金が増えていく状態になっていきます。

 
金利もほとんどが固定になっていますから、最初に決まっている金利以上に増えることはないのです。

 
それでも、元本割れしないで確実に自分が残しているお金だけが増えていく仕組みになっていますから、将来的に計画も立てやすかったり、子供がいらっしゃる方ならば進学する際にお金が必要になりますので、その時に引き出すこともできるのです。

 
ベッド金利水準が固定された契約のメリットでもあるのです。

定期積金の良さとは

| 未分類 |

このところ銀行は低金利の状態が続いており、定期積金についても同様の傾向が続いています。

 

金利面ではそれほどメリットが感じられない面もありますが、定期で積み立てを行うメリットはとても大きいのです。

 

積み立てを行っていない場合には、貯蓄をしようとすると、給与振り込みの口座から別な銀行に移し替える手間が発生します。

 

毎月欠かさず移し替えを行うことは手間がかかりますし、忘れてしまう月が出る可能性もあります。

 

デスク02また、自分で移し替えを行う場合、その月の残額に余裕がなくなったときには、移し替えを行わず、貯蓄できなくなりがちです。

 

定期積み立ては銀行でひと手間かかりますが、一度手続きを行うと強制的にお金が引き落とされますから、残りのお金で生活する必要が出てきます。

 

そのため、知らず知らずのうちに貯蓄の習慣を身に付けることができるのです。

 

積立額はあまり多くすると生活のゆとりがなくなりますから、無理のない範囲で積み立てるとよいでしょう。ボーナスが入る月の積立額を増やしておくと、さらに貯蓄の効率が高まります。

 

銀行選びについては、ソニー銀行やイオン銀行などネットバンクの金利が高めとなっていますので、比較・検討することをおすすめします。

債券(満期まで保有する場合)について

| 未分類 |

デスク01多くの資産を保有しそれらの運用益で活動をしている年金基金や財団法人は、主に債券投資でこれらの資金を捻出しています。
また、保有している国債や社債は、新規発行のものを購入して、満期まで持ち続けることが一般的です。
購入するのは利付債がほとんどで、毎年同一の金利収入が得られます。
毎年予算を組んで支出活動をしているこれらの機関にとっては、収入の金額があらかじめ分かることは非常に重要なのです。

 

 

国債や社債は、特殊なものを除いて最初から最後まで同一金額の金利が支払われます。
固定金利と呼ばれているこの制度は、一般的な貸付金と同じ効果をもたらします。
もともとこれらの有価証券は、借用証のようなものですので、金利が変動せず償還までの期間一定であることは当然なのです。

 

 

最近は、物価連動債ということで、物価の上下に合わせて金利を上下させている国債や社債があります。
インフレによる通貨価値の目減りなどに対応するものですが、予算を組んで行動をしている年金基金等にとってはかえって都合の悪い制度です。
また、金利の上下の判断をどのようにしているのかという点についても恣意性が介在する可能性があります。

 

 

国債や社債は固定金利が原則です。
これ以外の金利設定がしてあるものについては、その内容をきちんと確認する必要があります。

個人向け国債(3年・5年・固定金利型)の良さ

| 未分類 |

個人向け国債には固定金利型の3年満期・5年満期、そして変動金利型の10年満期の3種類があります。

 
固定金利型は発行時に設定された金利が満期まで変わらないため、高金利時に購入すると、その後金利が下がっても受け取る金額が減らないという点が大きな魅力となっています。しかし、逆に低金利時に購入した場合は、金利が上がっても利益を増やすことができません。そのため、購入のタイミングを見計らうということが非常に重要だと言えるわけです。

 
金利の変動を見ながら上手に国債を運用するには、中途解約や買い増しという選択肢も視野に入れておくことがおすすめです。

 
国債は満期を迎える前に中途解約を行うことが可能となっています。つまり、固定金利型の国債を購入した後に金利が上がった場合は、現在保有している国債を中途解約して、高い金利が設定された国債を新たに買い直すこともできるわけです。

 
ただし、中途解約をすると払戻金から2回分の金利が差し引かれる決まりになっています。そのため、わずかに金利が上がったからといってすぐに中途解約してしまうとかえって損をする場合もありますので、買い直しの際にはトータルで得られる金額をきちんと計算して比較することが大切です。テーブル

固定金利って何?

| 未分類 |

人生で一番大きな買い物といわれる住宅ですが、現金で一括払いできればいいのですが、そうでない人が殆どです。

 

なので銀行などの金融機関でお金を借りて、一戸建てやマンションを購入します。住宅を購入するときに利用するローンが住宅ローンです。

 

 

一般的なローンと大きく違うのは、金利が低めである点や、借りる金額が高いので返済期間が長いという点です。

 

最長で35年ローンとなっています。もちろんお金を借りるのですから、利息が発生します。

ダイニング02

この住宅ローンには、固定金利と変動金利、両方を利用するミックスなどがあります。

 

変動金利とはその名のとおり、金利がある一定期間ごとに見直され、金利が変動します。

 

固定よりも金利が低めに設定されていますが、金利が急に上がるかどうかわからないというデメリットがあります。

 

固定の場合は、35年ローンを組んだとしたら、35年間ずっと金利は変動しません。

 

ですから急に景気がよくなり、金利が上昇したとしても固定で借りていれば、金利はそのままです。

 

なので35年間同じ金額を返済していけばいいので、安定を求める方には人気があります。

 

またこれら以外にも10年固定ローンなどもあります。

 

これは10年間は金利が固定されており、それ以降は変動か金利かまた選ぶことができます。