変動金利って何?

| 未分類 |

椅子02変動金利というのはそのままの意味であり、変動する金利のことです。

 

これに対する金利は固定金利です。固定金利は金利が変動せずに最初に決められた金利がずっと採用され続けます。

 

この2つの金利タイプはしっかりと意味合いを覚えておくことが大切です。

 

金融商品は本当にたくさんの種類がありますが、どの商品でも金利は考慮して借り先を選ぶものです。

 

この時に金利のタイプを考えなければならないことがあります。

 

例えば、代表的な例を挙げますと変動する金利タイプで大きなお金を借りる場合、最初に適用された利率よりも返済をしていく中で金利に変動があり、高い利率に変更されることがあります。

 

大きなお金を借りているときは返済をする期間が長くなるので、どうしても金利が変動しがちです。

 

利率が高くなると当然ながら利息は高くなるので返済の負担が大きくなり、返済することが難しくなるケースがあります。

 

逆に少額をすぐに返済できる場合などは金利が変動するまでに完済しやすいので、このタイプの金利を選択するほうがメリットになることがあります。

 

一般的には固定金利は無難であり、短期間で完済できる場合は変動する金利でもお金を借りやすくなると言われています。