変動金利定期預金の利点について

| 未分類 |

変動金利とは、適用金利が一定期間ごとに変更されることです。

 
預け入れた金利で満期まで継続される固定金利と比べ、金利が上昇傾向にある時は有利ですが、金利が低下傾向にある時は不利になります。
普通預金が増えてきますとどうされますでしょうか、この低金利の時代ですので、そのままにしておかれる方もいるかと思いますが、それでも多少なりとも利息が違いますので、定期預金に預け替えをします。

 
定期預金とは、預けてから一定期間引き出せない預金で、普通預金より金利が高くなっています。
預入期間も長くなると金利が高くなり、大口の預金になってきますと、又金利が高くなってきます。

 
最初に預けた金利が満期まで続く定期預金と、一定期間ごとに(通常は6ヶ月)見直す定期預金があります。

 
一定期間ごとに見直す定期預金のことを変動金利定期預金といいますが、この定期預金のメリットは何といっても金利が上昇すれば、固定金利の定期預金に比べ有利ですが、反対に金利が低下した場合は、固定金利の定期預金よりも不利になります。

 
実際にどちらが得か損かということは、変動金利の満期の3年を終えなければわかりませんが、現在のように金利が低金利のまま安定している状態では、スプレッド金利が上乗せをされている分だけ、変動金利が有利と考えれます。