個人向け国債(3年・5年・固定金利型)の良さ

| 未分類 |

個人向け国債には固定金利型の3年満期・5年満期、そして変動金利型の10年満期の3種類があります。

 
固定金利型は発行時に設定された金利が満期まで変わらないため、高金利時に購入すると、その後金利が下がっても受け取る金額が減らないという点が大きな魅力となっています。しかし、逆に低金利時に購入した場合は、金利が上がっても利益を増やすことができません。そのため、購入のタイミングを見計らうということが非常に重要だと言えるわけです。

 
金利の変動を見ながら上手に国債を運用するには、中途解約や買い増しという選択肢も視野に入れておくことがおすすめです。

 
国債は満期を迎える前に中途解約を行うことが可能となっています。つまり、固定金利型の国債を購入した後に金利が上がった場合は、現在保有している国債を中途解約して、高い金利が設定された国債を新たに買い直すこともできるわけです。

 
ただし、中途解約をすると払戻金から2回分の金利が差し引かれる決まりになっています。そのため、わずかに金利が上がったからといってすぐに中途解約してしまうとかえって損をする場合もありますので、買い直しの際にはトータルで得られる金額をきちんと計算して比較することが大切です。テーブル