個人向け国債について(10年・変動金利型)

| 未分類 |

個人向け国債とは、国が発行する債券を個人が購入できる国債です。

 
利子や元本は責任を持って政府が行います。

 
購入額も1万円から購入する事ができ、毎月ごとに募集・発行が行われています。

 
固定3年・5年というタイプは、発行された時に決められた金利が満期まで変わりません。

 

椅子03
固定金利となっており3年・5年と保有する事ができます。

 
発行から1年経過すると換金する事が可能ですが、中途換金には各利子が差し引かれます。

 
変動金利10年のタイプは、半年事に利率が変化する変動金利となっています。

 
10年が満期となっています。1年間が過ぎると換金する事ができます。

 
金利の変動に伴って金利の利率が変わるので、その時々の経済の状況によっては、上ったり下がったりします。固定金利の場合は、実勢金利が上昇しても変化がありませんが、変動タイプは金利が上昇する事で受け取る利子が増える事になるのでお得です。

 
利子の支払いは、年に2回行われます。受け取る利子から課税されます。

 
最低金利保証がされている為に、市場金利が下がってしまった場合でも、最低利率よりも下げられる事が無いように保証されています。

 
国債は、安全に運用する事が出来る商品で、リスクも少なく運用する事ができます。