固定金利って何?

| 未分類 |

人生で一番大きな買い物といわれる住宅ですが、現金で一括払いできればいいのですが、そうでない人が殆どです。

 

なので銀行などの金融機関でお金を借りて、一戸建てやマンションを購入します。住宅を購入するときに利用するローンが住宅ローンです。

 

 

一般的なローンと大きく違うのは、金利が低めである点や、借りる金額が高いので返済期間が長いという点です。

 

最長で35年ローンとなっています。もちろんお金を借りるのですから、利息が発生します。

ダイニング02

この住宅ローンには、固定金利と変動金利、両方を利用するミックスなどがあります。

 

変動金利とはその名のとおり、金利がある一定期間ごとに見直され、金利が変動します。

 

固定よりも金利が低めに設定されていますが、金利が急に上がるかどうかわからないというデメリットがあります。

 

固定の場合は、35年ローンを組んだとしたら、35年間ずっと金利は変動しません。

 

ですから急に景気がよくなり、金利が上昇したとしても固定で借りていれば、金利はそのままです。

 

なので35年間同じ金額を返済していけばいいので、安定を求める方には人気があります。

 

またこれら以外にも10年固定ローンなどもあります。

 

これは10年間は金利が固定されており、それ以降は変動か金利かまた選ぶことができます。