定期積金の良さとは

| 未分類 |

このところ銀行は低金利の状態が続いており、定期積金についても同様の傾向が続いています。

 

金利面ではそれほどメリットが感じられない面もありますが、定期で積み立てを行うメリットはとても大きいのです。

 

積み立てを行っていない場合には、貯蓄をしようとすると、給与振り込みの口座から別な銀行に移し替える手間が発生します。

 

毎月欠かさず移し替えを行うことは手間がかかりますし、忘れてしまう月が出る可能性もあります。

 

デスク02また、自分で移し替えを行う場合、その月の残額に余裕がなくなったときには、移し替えを行わず、貯蓄できなくなりがちです。

 

定期積み立ては銀行でひと手間かかりますが、一度手続きを行うと強制的にお金が引き落とされますから、残りのお金で生活する必要が出てきます。

 

そのため、知らず知らずのうちに貯蓄の習慣を身に付けることができるのです。

 

積立額はあまり多くすると生活のゆとりがなくなりますから、無理のない範囲で積み立てるとよいでしょう。ボーナスが入る月の積立額を増やしておくと、さらに貯蓄の効率が高まります。

 

銀行選びについては、ソニー銀行やイオン銀行などネットバンクの金利が高めとなっていますので、比較・検討することをおすすめします。